Parama-Tech
home 製品情報 支援システム情報 企業情報 採用情報 お問い合せ
Home→製品情報→体成分分析器・体脂肪計→T-SCAN
製品情報トップ
→脈波・コロトコフ音記録計
→全自動血圧計
→心電図記憶装置
→医薬品注入コントローラ
→在宅健康監視装置
・体成分分析器・体脂肪計
→自動血圧計
→健康食品
→OEM商品
支援システム情報トップ
→特定健診・特定保健指導
支援システム
→多店舗向け健康管理
支援システム
→遠隔医療支援システム
→在宅医療支援システム
T-SCANイメージ

機能と特徴
6.4 inch Color TET LCDを通じたリアルタイムモニタリング
OS(オペレーティングシステム)にMicrosoft Windows XP Embeddedを使用
1〜600kHz(多周波)による多周波測定
4電極法により接触抵抗の影響を受けにくく正確性が向上
8接触電極を使用
安定した回路構成と拡張したデジタル技術
高い測定精度と再現性を実現
LCD視線誘導方式の採用により、測定姿勢を安定化、短時間で正確な測定が可能
衛生面に優れた足首電極
自己診断機能及び外部環境の条件に対する適応制御技術の内蔵
Body-Pass 2.5体成分管理プログラム(基本提供)

T-SCAN使用イメージ 1 調和したデザイン
インテリア感覚を加えて、どこでもよく似合う優れた製品です。機器全体から感じられる曲線美は測定者に安心感を与えます。
多様な利便性
BGMを選択することによって室内の雰囲気をやさしく作ります。測定の前・後の結果を比較でき、わかり易く出来ています。
T-SCAN使用イメージ 2
T-SCAN使用イメージ 3 電極の安定性
足首電極は衛生面と利便性に優れ、そして正確性と再現性を上昇させます。
6.4inch Color TFT LCD
Color TFT LCDを通じたリアルタイムモニタリングは測定者の興味を持たせます。
T-SCAN使用イメージ 4


世界の学者も、米保健省も言及した5つのfactor T-Scanは、より正確で繊細に分析します。
ー年齢、性別、インピーダンス、身長、体重ー
T-Scanは、生活習慣病の主原因である肥満診断と予防、その改善の終始に立つ体成分分析器で身体の電気抵抗を測定して分析するBIA法(Bioelectrical Impedance Analysis)と多周波測定法、部位別の分析法を利用します。
BIA法では、身体を身長体重によって大きさが決定する滑らかな円筒形と見なし、円筒内の成分は均等で一定に分布していることを前提とします。
しかし、実際に身体は年齢性別によって体組織の密度、分布等に変化が生じるためにインピーダンス測定時の電流の流れ方が変わり、特に女性の胸、骨盤には男性にない生殖に関与する体脂肪が約9〜12%存在するので、身体の体型を円筒形として置き換えることはできません。
従ってBIA法によって均等で滑らかな円筒を前提としている為、インピーダンス測定では円筒のサイズだけが反映されたものに過ぎず、実際のインピーダンスを100%反映した値ではありません。
年齢と性別を補正することにより身体をインピーダンスとして置き換えることができ、老若男女の特徴が詳細に反映した正確な体成分分析が可能になります。
これにより、個人の努力によって変化する体成分の差は測定したインピーダンスに反映します。

測定したインピーダンスに身長と体重のうち一つでも間違って入力しても分析結果が異なるように、年齢や性別も間違って入力すると分析結果が異なるので個人情報の入力をする時には注意してください。


使い易さと機能を追及した多彩なオプション装置
Easy-Body T、相談支援ソフトウェア
Easy-Body T、相談支援ソフトウェアイメージ 分析と解説、運動/食事処方から顧客管理まで、体系的効率的な指導に役立ちます。

Easy-Body Tについて
BLUETOOTH通信インターフェース
BLUETOOTH通信インターフェースイメージ 測定データをPCに転送する時にBLUETOOTHの無線通信をオプションで使用できます。
BLUETOOTHはデジタル機器の近距離(10m)無線接続を実現する2.4GHzの高い無線周波数を利用するので、妨害物があるところでも通信ができるメリットがあります。

超音波身長計 UHM-101
人工知能と超音波センサーの距離測定方式で正確な身長を早く測定して、体成分分析の正確度を高める製品です。
身長計センサー
身長計センサーイメージ 超音波の反射を感知して距離を測定する装置です。
早くて正確なセンサーの機能は、オリジナルの技術です。

目の高さを誘導するLCDモニター
目の高さを誘導するLCDモニターイメージ 測定者の目の位置を認定して移動することによって、視線を真直ぐに誘導します。
視線が固定すると測定を開始します。
測定中の頭部の揺れを防ぐため正確な測定結果を得られます。


Copyright(C) 2003-2008 ParamaTech. All Rights Reserved